圭書房よりのお知らせ

●平成二十九年二月一日

松原正全集、第三囘配本、第三卷

「戰爭は無くならない」刊行。

 

●平成二十四年十二月一日

松原正全集、第二囘配本、第二卷

「文學と政治主義」刊行。

 

 

● 平成二十三年十一月、

R.P.ウォーレン著「南北戰爭の遺産」

   新譯を刊行

 

●平成二十三年一月、メルヴィル作

「バートルビー/ベニト・セレノ」

   新譯を刊行

*平成二十六年六月十五日號の

「サンデー毎日」書評欄

Sunday Libraryに於て紹介して頂きました。

 

●平成二十一年八月、メルヴィル作

「ビリー・バッド」、新譯を刊行

 

圭書房への御註文以外にアマゾン書店等

のネット書店、及び、紀伊國屋、丸善、

ジュンク堂等、全國の大手書店各店でも

お求め頂けます。

 

★リンク

圭書房

http://ve.cat-v.ne.jp/keishobo/

Web柵

http://www.shigarami.net/

岡田俊之輔の頁

http://homepage3.nifty.com/okadash/

松原正ウェブサイト

http://www.matsubaratadashi.com/

Gallery Ocullus

http://www14.plala.or.jp/oculus/

book cafe 火星の庭

http://www.kaseinoniwa.com/

書本&cafe magellan(マゼラン)

http://magellan.shop-pro.jp/

慧文社

http://www.keibunsha.jp/

 

 

 

 

★Online情報源

▽辭書・事典類

 

國語辭書―goo辭書

Merriam-Webster Online

英辭郎 On the Web

Encyclopedia Britannica Online

Wikipedia

ウィキペディア

 

電子書籍

 

ニュース

 

 

 

 

    留守晴夫Website

 

元早稻田大學文學學術院教授、留守晴夫のWebsiteです。

平成二十一年三月、大學を退職して郷里仙臺に戻り、圭書房を設立、

爾來、メルヴィル作「ビリー・バッド」の新譯、松原正全集第一卷「この世が舞臺 増補版」、

メルヴィルの新譯第二彈「バートルビー/ベニト・セレノ」、R.P.ウォーレンの名著「南北戰爭の遺産」の新譯、

及び、松原正全集第二卷「文學と政治主義」を圭書房より刊行しました。


松原正全集第三卷「戰爭は無くならない」、愈々刊行!

長らく御待たせ致しました松原正全集第三卷「戰爭は無くならない」を、

今月、愈々刊行致しました。刊行が大幅に遲れました事を御詫び申し上げます。

諸般の事情により、目下、圭書房HPが更新出來ない狀況になつてをりますので、

こちらのHPから御案内させて頂きました。圭書房へのE-mailによる通信は全く問題ありません。

なほ、DLマーケット(http://www.dlmarket.jp/products/detail/339312)よりの電子書籍の販賣も、

今月中旬より開始致します。


松原正先生 御逝去

 去る六月八日、松原先生が御亡くなりになつてから、早くももう二週間が經ちました。

四十五年もの長きに亙つて一方ならぬ御厚誼を賜つて來た者として、

先生がもうこの世にをられないのだといふ事が今なほ中々實感出來ません。

 葬儀の折に弔辭を讀ませて頂いた時も申上げた事ですが、

全集編輯の仕事を日課としてゐるので、

殆ど毎日のやうに先生の文章に目を通す事になり、

云はば毎日先生と對話を交してゐるやうなもので、

先生がいつも傍にをられるやうな氣持になるのは無理ならぬ事なのかも知れません。

 今後は折に觸れて、色々な機會を捉へて、

先生について書いたり、語つたりしながら、

この稀有にして見事な知識人の存在を人々の記憶にとどめるべく努める積りですが、

今は何はともあれ、全集第三卷「戰爭は無くならない」の刊行を急ぎたいと思ひます。


 拙譯「ビリー・バッド」、「バートルビー/ベニト・セレノ」、

「南北戰爭の遺産」の三點について、圭書房より、電子書籍の販賣を始めました。

DLマーケット(http://www.dlmarket.jp/products/detail/339312)よりダウンロード出來ます。

 

                                                      平成二十九年六月二十日更新


山路愛山の「伊達騷動記」を復刊、掲載

 この度、明治中期より大正中期にかけて活躍した著名な歴史家、山路愛山の「伊達騷動記」を、

當ウェブサイトに於て章毎に順次掲載する事にしました。

「伊達騷動記」は、大正元年、東京神田の敬文館なる版元から御家騷動叢書第一編として

刊行されたものです。復刊を思立つた理由は多々ありますが、それらについて詳しくは、

いづれ圭書房から紙の書籍として刊行する際に説明するとして、ここでは取敢へず、

本書の特色について一二簡單に述べて置きます。More here

 

 

 

「南北戰爭の遺産」新譯刊行に寄せて

 

  南北戰爭勃發百五十周年の二千十一年、アメリカではゆかりの各地で記念式典や樣々な行事が催され、

メディアにも南北戰爭に纏はる記事が俄かに目立つやうになつた。

  また、昨年はスピルバーグの映畫「リンカーン」が大きな話題を呼んだが、南北戰爭は今もアメリカ國民の記憶の中に大きく生き續けてゐるのである。

  今から半世紀前の千九百六十一年にも、アメリカは南北戰爭勃發百周年に沸いたが、その喧騷の中から生れた「最も理知的な評言」と

エドマンド・ウィルソンによつて評されたのが、二十世紀アメリカ文學を代表する一人ロバート・ペン・ウォーレンによる

「南北戰爭の遺産」(The Legacy of the Civil War)である。小册ながら、南北戰爭が今日のアメリカを形作つたゆゑん、今なほアメリカ人を惹きつけて已まぬ理由、

南部と北部の文化の相違、戰爭や歴史や文化の普遍的本質等々について、教へられるところの頗る多い名著である。

  詳細な解説、豐富な寫眞と圖版、年表や索引を附して、讀者の便宜を圖つた。ぜひ一讀を薦めたい。

 

 

 

*以下の紙誌で紹介して頂きました。

「歴史を見つめる強い目があるか」(文藝批評家、前田嘉則氏、「時事評論石川」、

平成二十三年十二月二十日號)

「大東亞戰爭の遺産」(評論家、潮匡人氏、「正論」クロスライン、平成二十四年二月號)

「米國史に聳え立つ南北戰爭」(狩野嗣男氏、「會報あらたま」、平成二十五年十月十日號)

 

 

●活動記録

 

▽平成二十三年七月より、ミニコミ紙「時事評論石川」に於て、コラム「この世が舞臺」を連載中。

なほ、時事評論編輯部の御了承を得ましたので、今後、準備が出來次第、第一囘目より順次轉載して行きます。

 

第一囘    フォークナー「エミリーに薔薇を」(平成二十三年七月二十日號)

第二囘    ロバート・ペン・ウォーレン「いちご寒」(平成二十三年九月二十日號)

第三囘    永井荷風「冷笑」(平成二十三年十月二十日號)

第四囘    國木田獨歩「源叔父」(平成二十三年十一月二十日號)

第五囘    トルストイ「神父セルギイ」(平成二十三年十二月二十日號)

第六囘    森鷗外「『高瀬舟』その他」其の一(平成二十四年三月二十日號)

第七囘    森鷗外「『高瀬舟』その他」其の二(平成二十四年四月二十日號)

第八囘    ヘミングウェイ「僕の父」(平成二十四年五月二十日號)

第九囘    モリエール「病は氣から」(平成二十四年六月二十日號)

第十囘    ホーソン「エンディコットと赤い十字」(平成二十四年七月二十日號)

第十一囘   樋口一葉「わかれ道」(平成二十四年九月二十日號)

第十二囘   シェイクスピア「あらし」(平成二十四年十月二十日號)

第十三囘   泉鏡花「照葉狂言」(平成二十四年十一月二十日號)

第十四囘   コルネイユ「オラース」(平成二十四年十二月二十日號)

第十五囘   上田秋成「菊花の約(ちぎり)」(平成二十五年二月二十日號)

第十六囘   眞山青果「福澤諭吉」(平成二十五年三月二十日號)

第十七囘   アイスキュロス「ペルシャの人々」(平成二十五年四月二十日號)

第十八囘   舊約聖書「ヨブ記」其の一(平成二十五年五月二十日號)

第十九囘   舊約聖書「ヨブ記」其の二(平成二十五年六月二十日號)

第二十囘   幸田露伴「ひげ男」(平成二十五年七月二十日號)

第二十一囘 イプセン「幽靈」(平成二十五年九月二十日號)

第二十二囘 井原西鶴「人には棒振蟲同然に思はれ」(平成二十五年十月二十日號)

第二十三囘 井原西鶴「太夫格子に立名の男」(平成二十五年十一月二十日號)

第二十四囘 近松門左衞門「冥土の飛脚」(平成二十五年十二月二十日號)

第二十五囘 クライスト「公子ホムブルク」(平成二十六年二月二十日號)

第二十六囘 今昔物語集「源頼信頼義父子と馬盗人」(平成二十六年三月二十日號)

第二十七囘 ホーフマンスタール「チャンドス卿の手紙」(平成二十六年四月二十日號)

第二十八囘 ホーフマンスタール「塔」(平成二十六年五月二十日號)

第二十九囘 宇治拾遺物語「盜跖と孔子と問答の事」(平成二十六年六月二十日號)

第三十囘    中島敦「李陵」(平成二十六年七月二十日號)

第三十一囘 ストリンドベリ「令孃ジュリー」(平成二十六年九月二十日號)

第三十二囘 芥川龍之介「玄鶴山房」(平成二十六年十月二十日號)

第三十三囘 トルストイ「ハジ・ムラート」(平成二十六年十一月二十日號)

第三十四囘 ピランデルロ「御意に任す」(平成二十六年十二月二十日號)

第三十五囘 グリルパルツァー「ウィーンの辻音樂師」(平成二十七年二月二十日號)

第三十六囘 ラシーヌ「アンドロマック」(平成二十七年三月二十日號)

第三十七囘 中勘助「提婆達多」(平成二十七年四月二十日號)

第三十八囘 スタンダール「カストロの尼」(平成二十七年五月二十日號)

第三十九囘 ワイルダー「サン・ルイス・レイ橋」(平成二十七年九月二十日號)

第四十囘   マーロウ「マルタ島のユダヤ人」(平成二十七年十月二十日號)

第四十一囘  マーロウ「フォースタス博士の悲劇」(平成二十七年十一月二十日號) 

第四十二囘 火野葦平「陸軍」(平成二十七年十二月二十日號)

第四十三囘 アンブローズ・ビアス「空飛ぶ騎手」(平成二十八年二月二十日號)

第四十四囘 アンブローズ・ビアス「神々の子」(平成二十八年三月二十日號)

第四十五囘 ヘミングウェイ「死者の博物誌」(平成二十八年四月二十日號)

第四十六囘 朋誠堂喜三二「文武二道萬石通」(平成二十八年五月二十日號)

第四十七囘 モーパッサン「わらいす直しの女」(平成二十八年六月二十日號)

第四十八囘 「追悼 松原正先生」(平成二十八年七月二十日號)

第四十九囘 E.T.A.ホフマン「隅の窓」(平成二十八年九月二十日號)

第五十囘  ハーマン・メルヴィル「モービー・ディック」其の一(平成二十八年十月二十日號)

第五十一囘 ハーマン・メルヴィル「モービー・ディック」其の二(平成二十八年十一月二十日號)

第五十二囘 ハーマン・メルヴィル「モービー・ディック」其の三(平成二十八年十二月二十日號)

第五十三囘 永井荷風「散柳窓夕榮」(平成二十九年二月二十日號)

第五十四囘 フローベール「ヘロヂアス」(平成二十九年三月二十日號)

第五十五囘 樋口一葉「この子」(平成二十九年四月二十日號)

第五十六囘 D.H.ロレンス「狐」(平成二十九年五月二十日號)

第五十七囘 ホーソン「想像の見世物箱」(平成二十九年六月二十日號)


▽メルヴィル作「バートルビー」新譯(PDFファイル

 

▽評論「昔を今に為す由もがな――『明治の精神』から林子平へ――」(PDFファイル

 

▽メルヴィル作「ビリー・バッド」新譯

  第一章を掲載(PDFファイル

 

 

▽自著紹介

「常に諸子の先頭に在り――陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰――」

               

            

          慧文社より平成十八年七月刊行、第一章を掲載(PDFファイル

 

▽評論

「アメリカを知るといふ事」

  平成十六年よりWeb柵に連載。リンク先のWeb柵に登録すれば讀む事が出來ます。

 

▽アーカイヴ

評論「日本はアメリカを知らない――シャーマン將軍の軍人氣質――」

 季刊「新論」平成四年四月 PDFファイル

 

評論「ジョナサン・エドワーズと絶對者を戴く文化」

  「月曜評論」平成八年六月 PDFファイル

 

評論「ジョナサン・エドワーズとカルヴィニズムの逆説」

 「月曜評論」平成八年十月 PDFファイル

 

コラム「この世が舞臺」

 「月曜評論」平成三年より PDFファイル

 

翻譯

メルヴィル作「クラレル」第一部「エルサレム」

 早稻田大學「英文學」平成四年より PDFファイル

 

▽抄譯及び本の紹介

 

R.P.Warren

Jefferson Davis Gets His Citizenship Back 1980

 

 

 

 

inserted by FC2 system 現在の閲覧者数: